緩和ケア作業療法

【2022年度】終末期ケア専門士の受験資格と申込み方法

この記事では終末期ケア専門士の受験資格と申込み方法を解説します。

申し込み:一般社団法人終末期ケア協会



受験資格

医療・福祉に関わる人すべてに受験資格があります。

実務経験を証明する団体や機関は病院・施設・訪問サービスなど医療や福祉に関わる人すべてです。終末期ケアやホスピスケア専門である必要はありません。

実務経験証明書が必要です。

経験2年以上

医師・歯科医師・看護師・保健師・薬剤師

・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

・臨床工学技士・歯科衛生士・管理栄養士

・介護支援専門員・社会福祉士・精神保健福祉士・臨床検査技師・放射線技師・介護福祉士

経験3年以上

栄養士・准看護師・※ 介護士

介護士・介護福祉士は注意が必要です!

 

各経験年数は、当該資格を取得した日(免許登録日)から申請書類提出日までとします。

勤務形態は常勤・非常勤を問いません。

反社会的行為(犯罪行為・麻薬)や、業務上不正行為のあった者は受験できません。

受験要項

受験要項を説明します。

申請時期

2022年4月1日~2022年9月15日 

試験日

試験日:2022年10月11日(火)~2022年10月31日(月)

試験会場

試験会場:パソコン試験(CBT試験)

受験会場は全国260箇所で受験可能です。

受験会場一覧はこちら

費用

受験料は10000円必要です。

注意事項

申請には公的な顔写真付き本人確認書類のコピーが必要です。

いずれか一つを提出してください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 社員証または学生証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード(写真付き)

一般社団法人終末期ケア協会より申し込みできます。

2022年4月1日より申し込み開始。1週間前後でご自宅に申請書類が届きます。
申請書類に油性ボールペン(黒または青)で必要事項を記入し、実務経験証明書とともに、所定の封筒(第1次試験用)を使い簡易書留にて提出してください。介護士の方は、実務者研修修了証のコピーを一部提出してください。

※ 普通郵便等の使用により不達等の事故が発生した場合、当協会では責任を負いかねます。

受験内容

受験範囲:終末期ケア専門士 協会認定テキスト及び時事問題



終末期ケア専門士公式テキストの申込はこちら

まとめ

終末期ケア専門士は3年更新です。

-緩和ケア作業療法