生活リハビリ

(解決)食事介助の安全な方法~作業療法士が解説~

  1. HOME >
  2. 生活リハビリ >

(解決)食事介助の安全な方法~作業療法士が解説~

介護が必要な高齢者にとっ食事の時間は楽しみの時間です。

しかし、介助の方法が間違っていると、その食事が苦痛となるばかりでなく窒息などの事故となることも・・

高齢者の食事をスムーズに進めるには食べ物を口に入れてから咀嚼するまで適切な指導を行うのはもちろん、「おいしい」「毎回の食事が楽しみ」と感じて、自発的に食べられるように工夫することが大切です。

今回は介護を行っている人やこれから介護を始める人に向けて食事介助の正しい方法を作業療法士が紹介します。

食事介助のの基礎知識

食事介助の目的は、一人では食事が食べられない方に、安全かつ安楽に食事が食べられるように援助することです。

そして、必要な栄養や水分を摂取し食事対する満足感を得ることです。

そんな食事介助ではなぜ注意が必要と言われるのでしょうか?この記事を読むと安全・安楽に食事介助の知識が身につきます。

ぜひ参考にしてみてください。

知っておきたい高齢者の食事の特徴

食事介助をする場合に注意が必要な理由として、ご高齢者の食事の特徴について理解していきましょう。

高齢者は年を重ねるにつれて歯が欠損していたり、舌や喉の筋力が衰えてしまいます。

そのため、食事をするのが徐々に困難になってきたり、飲み込みが難しくなり「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性が高くなります。

誤嚥性肺炎とは誤嚥(ごえん:食べ物や唾液が気管に入ること)によって、口の中にある細菌が肺に入って起こる肺炎です。

誤嚥性肺炎を引き起こさないためにも、食事形態を柔らかいものにしたり、食材をカットしたりとご高齢者の状態に合わせた食事を提供する必要があります。

ここで注意すべきことは、ムセる誤嚥ムセない誤嚥があるということです。ムセない誤嚥は不顕性誤嚥と呼ばれ特に注意が必要です。

不顕性誤嚥とは病気が原因の神経麻痺や加齢に伴う筋力の衰えにより誤嚥をしてもムセが生じず本人や周囲の人が気づかず誤嚥すること。

食事介助をする場合は、食事中の姿勢や口に運ぶタイミングなどに注意してケアを行うことがとても大切になります。

食事介助の基本は正しい姿勢

では、食事介助をするときの正しい姿勢とはどういったものなのでしょうか?

正しい姿勢を取れずにいると、食べづらさがあるだけでなく誤嚥のリスクも高くなります。なるべく正しい姿勢で食事を摂るほうよいでしょう。食事介助の基本として姿勢についてご紹介します。

椅子とテーブルでの正しい姿勢

・椅子の高さは両足の裏が床につくように調整します。

・テーブルの高さはひじが90度に曲がる程度に調整します。

・食事中は背もたれを使わないように軽く前傾姿勢を保ちます。

・体が安定しない場合はクッション等を使います。

 具体例

 ・椅子の高さが低い場合は座布団を敷き、高さを上げる

 ・テーブルの高さが低い場合は昇降式のテーブル(オーバーテーブル)で調整する

 ・体が安定しない場合は、肘掛け付きの椅子に座る

車椅子の正しい姿勢

・フットレストは上げて両足床につくように調整します

・テーブルの高さをあわせて食事が見えるように調整する。

・身体が安定しない場合は、腰の横や背中、頭の後ろにクッションを置きます。

ずり落ちる場合があるので一度座り直し、両膝を軽く曲げるように設定する

具体例

・車椅子のアームレストがテーブルに当たるため、アームレストの高さを調整する。

リクライニング車椅子の正しい姿勢

リクライニング車椅子

座位姿勢が安定していない方(座る際のバランスが悪い)

長時間座ることが難しい方 (疲れやすく、傾眠の強い)

飲み込む力が弱く、誤嚥リスクが高い方

が適応となりやすいです。

最重要は本人様に合ったリクライング車椅子の調整を行うことです!

ご利用者にあったリクライニングの調整をすること

リクライング角度は90度~45度程度で調整します。

・必要であればティルティングを活用する。

頭部の安定性を高め、前屈や後屈にならないようにする。

ベッド上での正しい姿勢

・ギャッジアップ角度を30度以上に調整する。

・ベッドからずれ落ちることがあるため、ポジショニングクッション等を使い防止する。

・特に左右にずれやすくなるため、その都度姿勢をなおす

食事介助を始める前にすること

つぎは食事介助を始める前に気をつけるポイントをご紹介します。

特に高齢者の場合は介護者(スタッフ)が注意しなければならないポイントがたくさんあります。

一つづつ見ていきましょう。

まずは、食事前の食事介助の注意点

食事介助は、食事は口元まで運ぶ手伝いをするだけはありません。

誤嚥性肺炎をおこさないように食事介助の姿勢をチェックしたり、意識や眠気などの状態を確認することも重要なポイントになります。

以下の観察項目は、食事介助を行う前の注意点としてチェックしておきましょう。

①手洗い・消毒はできてるか?

食事を衛生的に食べて頂くためには、手洗いや手指消毒が必ず必要となります。

特に爪の間や指の間など洗いにくいところなど注意しながら行うと良いでしょう。

アルコール消毒の際はしっかりと手にすり込むようにしましょう

②排泄を済ませているか?

食事前にトイレを済ませておきましょう。高齢者の方は尿意や便意がわからないことも多く、食事の際に排泄が気になることもあります。

食事に集中していただくためにも食事前にトイレ行く習慣をつけておきましょう。

③エプロンを掛けているか?

必要に応じてエプロンを着けるようにしましょう。食べ物をこぼしてしまう際に被害を最小限に留めることができます。

ビニールのエプロンはそのまま捨てることもできるため衛生的です。

④正しい姿勢が取れているか?

椅子などに座っているときには顎が引けているか確認しましょう。

床を足につけてつま先に体重が乗るように意識すると自然に姿勢がよくなります。

なお、食事介助中に姿勢が悪くなり顎が上がってしまうと咽頭と気管の角度が少ないため食物が気管に入りやすくなるため要注意です。

⑤眠気がなく意識がしっかりしているか?

食事前に傾眠(眠い状態)や意識低下(ぼーっとしている)状態ではないか確認しておきましょう。

傾眠の強い場合は嚥下反応が起こりにくくなるため、誤嚥のリスクが高まります。

声をかけたり運動を促すなど覚醒度を上げる工夫を行います。それでも困難であれば食事時間を変更し再度チャレンジするほうが良いでしょう。

⑥疲労感や倦怠感がないか?

倦怠感(体のだるさ)や疲労感がある場合は、一時的に本人様の楽な姿勢を取り休憩を測った後食事を行うようにします。

無理に食事を勧め過ぎると食事をすること自体が苦痛となってしまいます。

短時間で食事を済ませることができるように補助栄養等を用いると良いでしょう。

⑧献立やメニューを伝えたか?

食事は献立やメニューを把握することで唾液が出たり、咀嚼の準備ができます。

献立を伝えることで食欲が増し楽しみの食事となります。

本日のメニューを伝えて目で確認してもらうようにしましょう。

⑨配置に間違えはないか?

ご利用者によっては食事形態の違う方もおられます。

飲み込みが悪い方用のゼリー食(食べ物をペースト状にして固めたもの)を別の方に提供してしまうことも介護現場ではありえます。

飲み込みの悪い方に普通の食事を提供すれば最悪の場合窒息の危険もあるため注意が必要です。

ご利用者に応じた食事形態を提供できるようにスタッフ間でダブルチェックしていきましょう。

食事介助の方法

今度は食事中の注意点ご紹介します。

食事中の介助は、姿勢の崩れだけでなく咀嚼や飲み込みができるかチェックしたり、タイミングをみながら食べ物を提供していきます。

以下の観察項目をみながら食べ物を提供していきます。

以下の観察項目を、食事中の注意点としてチェックしておきましょう!

①ご利用者様の横に座っているか?

食事介助を行う際の介助者の位置は横に座るのがベターです。

基本的にご利用者様と同じ目線で食事介助行うのが基本で、口元までスムーズにスプーンを運ぶことができます。

反対に立ち上がって食事介助を行うと、ご利用者に威圧感を与えやすくなります。

また、ご利用者さんからスプーンの動きが見えにくくなり、口元まで動かす動線が目で追えず急に口元までスプーンが来るため食事を認知することが難しくなります。

介助者が右利きであれば右側へ椅子を置き介助すると良いでしょう。

②唾液は出ているか?

高齢者の場合は、唾液の量が少なくなるためお茶などで口内を湿らせてから食事を始めましょう。

③正しく口元に運べているか?

一口はスプーン1杯程度に留めてご利用者の舌の上に乗せましょう。

食べ物から口元までのスプーンの動線を目視していただくと、食べる準備も整い口ご利用者の口も開けやすくなります。

④飲み込みはできてるか?

口に入れたときに、咽頭挙上をみながら飲み込みを確認して次の一口を入れましょう。

ムセがある際には休憩をはさみながら行いましょう。

粘り気のあるものやパサパサしたものは飲み込みが難しいことがあります。

交互嚥下(固形物と液体を交互に口に入れること)で嚥下を促すこともできます。

時間がかかっても良いので誤嚥を防ぐようにしましょう。

⑤食事を急かなさいで

ついつい時間内に食事を終わらせようと食事を急かす事が多いと思います。

誤嚥を防ぐためには時間をおいて食事を分散させたり、少ない量でも高カロリーな補助食品を利用するのも一つの方法です。

ご利用者にとっても介助者にとっても食事がストレスになると食事を楽しむことが難しくなります。

早く食べられないのはなにか理由があるはずです。言語聴覚士(ST)や医師・看護師に相談してアドバイスを貰ってみてはいかがでしょうか?

⑥溜め込みはないか?

一口量が多かったり、食べるペースが早かったり、飲み込む力が弱かったり様々な理由がある溜め込み

この溜め込みは非常に危険なので注意が必要!

口の中の容量以上の食物は咀嚼や嚥下を阻害するため、窒息のリスクがかなり増します。

気づかないうちに起こっていることもあるため、時々口を開けてチェックすることをオススメします。

食事の途中で覚醒度が下がっていないか?

食事の最初は順調に食事が取れていても、時間が経過すると傾眠(眠たくなる)や疲労が増し食事に集中できなくなります。

声掛けを行い覚醒度を保ちながら食事介助を行う方が良いでしょう。

全量摂取できることにこしたことはりませんが、覚醒度が下がっている状態で無理に詰め込むと誤嚥のリスクが増すため危険です。

状況観察を行い、疲労度高いのであれば補助栄養や点滴など他の栄養摂取の検討をおすすめします。

食事形態が正しいか?

咀嚼ができない方や飲み込みが弱い方は、食べ物を細かくカットしたり、ご飯からお粥へ変えるなどの工夫が必要です

スプーンを使う場合

・魚の切り身や肉は一口大へ変更

・食器を介護食器へ変更し、スプーンですくいやすいように調整する。

・ご飯からお粥へ変更したり、おにぎりにする。

飲み込みが難しい場合

食物を細かく刻みとろみを付けて噛まないでも良いように工夫する。

水分にトロミをつけると誤嚥を防げる。

食事形態は基本的に医師や言語聴覚士(ST)、看護師が評価して実施してい行きます。それでも、食事中にムセが出現する場合は医師や看護師に報告しましょう。

食事後のケア

最後に食事介助後ポイントをご紹介します。

食事の後は食物残渣(食べ残し)が口の中に残っているため、長時間そのままにしておくと不衛生になるだけでなく、唾液と共に誤嚥や窒息の原因にもなり得ます。

食後に必要なケアを見ていきましょう。

食後の薬はしっかり確認する

食前薬は忘れず飲める事ができても、忘れがちになるのは食後薬

処方される薬の量も多く、食後にたくさん飲むのには抵抗があることもあります。

介助者としては食事量が多少少なくても食後薬は必ず飲んでいただくようにしましょう。

もしも難しいようであれば主治医に相談し、食前薬として飲めるように相談するのも良いでしょう。

食事の摂取量をチェックする

食事後に食事の摂取量をチェックし、栄養状態や食べムラなどを確認します。

全量食べられたら10/10半分なら5/10などを日々チェックしておくと栄養状態を確認できます。

ご利用者本人に食事の感想を聞き、次の食事の参考にすると良いでしょう。

ご利用者の嗜好に合わせて食事を提供できると、食事意欲も増すこともあるかも。

口腔内残渣物がしっかりかき出せているか?

食物残渣物(食べ残し)を歯磨きでかき出しましょう。高齢者は舌の動きが弱いため、歯茎の間口腔蓋(口腔内の天井)が汚れやすいです。

歯磨きやうがいをしっかり行うことで清潔を保つことができます。

また、口腔ケアの後は乾燥しやすいため保湿剤を使うのも忘れないようにしましょう。

入れ歯のケアができているか?

入れ歯の食後にしっかりケアをしていきましょう。

時間が立つと入れ歯に汚れがこびりつき、キレイにならないこともあり、次の食事の際に不潔になりやすいです。

また、清潔にするときに入れ歯の不調(故障や入れ歯の適合)に気づきやすいメリットもあります。

食べこぼしの有無やテーブル汚れのケア

エプロンを使用し、食べこぼしが衣服についていないかチェックします。テーブルの上なども食後にはキレイにしておきます。

意外と忘れがちなのが、床・ズボン・車椅子の座面に食べこぼしが残っていることも。

また、認知症の方などは食べられなかったものをポケットやカバンなどに忍ばせていることも・・・

腐敗した食べ物を部屋に帰って食べてしまうことは避けましょう。

(特典)認知症の方の食事介助のポイント

認知症の方への食事介助のポイントをご紹介します。

認知症(何らかの原因により脳の働きが悪くなり、物忘れや日常生活に支障をきたす状態)の食事介助で困ることは

1:食事を拒否すること

2:食事に集中ぜず食べることができない

3:他の人のものを食べてしまう

があると思います。

認知症の方の食事の方法としては、「食べるための環境作り」が効果的です。

1:1日の生活リズムの中に食事する時間を明確にする。

2:食事を食べることを想像する作業を取り入れる。

3:他の人が食べているところを見て学習する。

この3つが効果的です。

1日の生活リズムの中に食事の時間を明確にする

食事時間を明確にすることで、体内リズムを正常化することが重要です。

朝食7:00・昼食12:00・夕食6:00と時間を決めて食事を摂る自然とお腹が空き食事に向かうことができます。

また、食事時間を固定化することで時間の感覚が得られ睡眠もスムーズに取れることや定期薬も服薬できるメリットも。

生活リズムを整えることは認知症ケアにとって必要不可欠な部分なので取り入れてみましょう。

食事を食べることを想像する

認知症の方は昔のことは記憶していますが、最近のことは覚えておくことが苦手な傾向があります。

食事を取ったこと自体が抜け落ちてしまうので、必要以上に伝えておく必要があります。

コツとしては献立を一緒に確認する・テーブルを拭いたり・お茶の準備をするなど食事の準備をすることが効果的です

「あと1時間したら食事が始まりますよ」と声掛けをすることで、食事に対する想像が掻き立てられるため他のことへの注意が向かずに穏やかに過ごせるようになります。

他の人が食べているところを見てもらう

食事に拒否がある方は、本人の中で「食事を摂る意味や必要性」を感じていない場合があります。

他の利用者が食べているところを見てもらうと食事を取りやすくなります。

それでも食事を拒否する場合は「味見をお願いします」と声をかけると声掛けすると良いでしょう。

まとめ

今回は、食事介助の正しい姿勢、食事前・食事中・食事後の介助方法について解説しました。

食事は人が生活していく上で必ず必要なものです。また、食べる楽しみはQOL(生活の質)にも影響を与えます。

ご利用者様が安全に安楽に食事を楽しめるために、介護者(スタッフ)が介助のポイントを理解する必要がありますよね。

食事介助の正しい姿勢が取れるように支援し、食事介助のポイントを抑えることで誤嚥リスクや窒息リスクを軽減できます。

今回の記事を参考に明日からの食事介助に取り組んでいただければ幸いです。

-生活リハビリ