認知症

(解説)認知症高齢者が穏やかになる関わり3選

高齢者の介護で切っても切り離せない認知症状との付き合い方。

「認知症だから」と理解はしていても対応が難しかったり、興奮して介護拒否があると介護者までも疲弊してしまいます。

今回は、老人保健施設勤務の作業療法士が普段認知症高齢者とどのように関わっているかを解説していきます。

この記事でわかること

  • 穏やかに過ごすための環境作り
  • 不穏になったときの関わり方
  • 高齢者の話をしっかり聞く重要性

認知症とは

認知症とは厚生労働省によると「脳の病気や障害など様々な原因により、認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくる状態」をいいます。

認知症の種類

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭葉型認知症

認知症の発症率は65歳以上は5人に一人が認知症になるとされています。2020年は約600万人・2025年には700万人になると予想されています。

認知症の症状

認知症の症状は記憶障害や見当識障害などの中核症状行動・心理症状(BPSD:Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)とされており、次のようなものがあります。

中核症状

記憶障害(物忘れ)

見当識障害(時間・場所がわからなくなる)

理解力・判断力の低下(作業手順を忘れたり、ミスが多くなる)

行動・心理症状(BPSD)

不安感が強くなる

憂うつでふさぎこむ

怒りっぽくなる

幻覚・幻聴

物盗られ妄想

道に迷ってしまう

認知症高齢者が不穏になってしまう原因

認知症高齢者が陥る不穏とは「行動が活発になり、落ち着きがない状態」のことをいいます。

心理的な不安感や焦燥感(焦り)から問題行動が起こりやすく、周りとの環境とのギャップが強いほど不穏が起こりやすくなります。

不穏の原因

  • 予定が分からない
  • 知っている人がいない
  • どうして良いかわからない

不穏の原因には大きく分けて3つあり、どのような理由で不穏となっているのかをみていきます。

①予定がわからない

認知症高齢者はスケジュール管理が難しく予定を立て事ができません。

見当識の低下や理解力の低下により、日々をどのように過ごしてよいかわからないためソワソワして不安感を持ちやすいです。

その結果、大声で人を呼んで助けを求めたり、自分がわかることをしようとウロウロ徘徊したり、手持ち無沙汰になりイライラしてしまうのです。

また、施設入所した時など環境がガラリと変わるときは、部屋の位置やトイレの場所などが以前住んでいた場所と違うため混乱することも多いため注意が必要です。

1日のスケジュールやリズムが分からないことは、高齢者にとって思っている以上のストレスがかかり穏やかに過ごせないのです。

②知っている人がいない

認知症高齢者の場合は環境の変化は部屋の位置やトイレの場所ばかりでなく、自分と関わる人間関係の変化にも敏感です

慣れている人であれば安心して介助を受けることが出来ても、初対面の人は緊張してしまい介護を拒否することも。

「こんなこと聞いてはいけないかもしれない」と分からないことを伝えることに抵抗を感じます。

よくあるのが「ナースコールを使わないこと」です。

ナースコールの使い方がわからない場合もありますが、大半が「迷惑をかけられない」と遠慮しているケースがほとんど。

自分の家族や気の知れた人であれば難なく伝えられることも、新しい施設では難しくなることでストレスが増します。

また、認知症が進んでしまうと長年お世話になっている介護スタッフや家族の顔を忘れることも・・・

③どうしてよいのか分からない

居心地の悪さを感じると帰宅願望「家に帰りたくなる」訴えが強くなります。

高齢者が感じている不安感や居心地の悪さから逃れるために徘徊したり、イライラを介助者にぶつけているケースも多いです。

また、高齢者の中での強い思い「家に帰って食事を作りたい」「孫の顔が見たい」「仕事が残っている」「仏壇にお供えをしないといけない」がある場合はそれを静止すると、介助者の言うことを聞いてくれないばかりか暴言や暴力があることも。

高齢者の理解力が低下し「今の環境でできること」と「自分がしたいこと」の理解出来ず強いストレスがかかります。

もし、高齢者の言う通りに行ったとしても、やったことを忘れてしまったり、うまく作業ができずに失敗に終わってしまうこともあります。

記憶力・判断力・思考力の低下により「できること」と「できないこと」が理解出来ず、混乱してしまうのです。

介助者の立場に立ってみると

介護者も同じように認知症高齢者に対してのストレスを抱えています。

こんどは、施設スタッフやご自宅での介護者の立場に立って解説していきます。

言うことを聞いてくれない

高齢者は老化に伴い、視力・聴力が低下していきます。

見えにくい、聞き取りにくい状況では高齢者も理解することが難しくなります。

介助者はできるだけ大きい声でゆっくり話すほうが良いです。しかし、忙しい介護現場ではいつも同じ声掛けをすることは難しいですよね。

混乱している高齢者は「聞く」意識が向いておらず、自分の気持ちを伝えることで精一杯です。介助者の声が高齢者の耳に届いていても高齢者は理解してくれることありません。

「トイレに行こう」「食事の時間ですよ」と気を向けようとしても他のことで頭がいっぱいであるため、なかなか聞いてくれません。

悪者扱いされる

不穏になっている高齢者に無理やり言うことを聞かせようとすると暴言を吐かれることは日常茶飯事です。

なるべく穏やかに伝えても、一度スイッチが入ってしまうと「あんたが悪い」「あんたのせいで…」と悪者扱いされます。

・カバンに入った財布がないのは、泥棒に盗まれたからだ。

・お風呂に行って無理やり服を脱がされた。

・(食事を取ったのに)まだご飯を食べていない。

・家に返してくれない。閉じ込められた。

普通に介助をしていて悪者扱いされるといい気持ちになりませんし、介助者もイライラしてしまいます。

認知症であることを理解していてもどのように対応してよいか難しく、無理に言うことを聞かせようしても逆に興奮してしまいます。

何度も同じことを繰り返す

認知症高齢者によくあるのが、何度も同じことを繰り返すことです。

・ご飯はまだか?

・トイレに行く

・あれはどこにあるのか?

・自宅に帰ろうと思います

一度であれば対応は簡単ですが、5分おきに言われては介助者の作業がまったく進みません。

高齢者の記憶力の低下と不安感(忘れていたらどうしようと感じる)により何度も聞くのです。

不穏となる3パターンの対処方法

ここでは、不穏の対処法をご紹介します。

大きく分けて

不穏の困りごと

・何度も同じことを聞く

・ウロウロ徘徊する

・イライラして攻撃的になる

があり、順を追って説明していきます。

何度も同じことを聞く

何度も同じことを聞く場合は、記憶力の低下と不安からしょうじていることがほとんどです。

「知らない」「分からない」という不安な気持ちを理解した後に、しっかりと伝えることが重要です。

ポイント

・穏やかな口調でゆっくり伝える

・紙に書いて伝える

・しっかり訴えを聞いた上であえて話題をそらす

経験的には不安な気持ちを理解することを主に置くことで落ち着きを取り戻しやすいです。

理解力が低下していても、「話を聞いてくれた」と感じることで穏やかに過ごしやすくなります。

理解を得ることよりも納得を得るほうが認知症高齢者にとっては良いのかもしれません。

ウロウロ徘徊する

徘徊することは現状の理解が難しく、その場所から逃げたいとう心理が働いているケースが多いです。

なので、ウロウロ徘徊する理由を聞くことが重要。「家に帰るんだ」と話される場合も、家はどちらにあるんですか?と話を聞いた後に

でも、食事の準備ができてるので一緒に食べていきませんか?と伝えると、聞いてもらえる安心感と次にする予定を伝えることで不穏を軽減させることができます。

また、一緒に徘徊をするのも一つの手段で、同調行動をとると人は安心するとういう傾向もあります。

一言言って徘徊が収まらない場合は、一緒に付き合ってみるというのも良いのかもしれません。

口だけで伝えても余計に感情を逆撫でやすく、介助者の言っていることが理解できないケースも多々あります。

ポイント

・徘徊する理由を聞く

・一度相手のペースに合わせてみる

終始イライラして攻撃的になる

大声で叫んだり、怒鳴ったりしている高齢者に対しては、穏やかな口調で伝えと良いです。

話し方をゆっくり落ち着いて話すことで、相手の口調を和らげる効果が得られます。

売り言葉に買い言葉ではありませんが、イライラしているときに逆に怒鳴ったり表情が険しくなると落ち着かなくなります。

ベストは話を聞いて本人の思いを確認することが良いですが、感情的になりすぎた場合は話し合いが得られないため

お茶やお菓子を食べて落ち着かせるという方法もあります。

また、排泄が滞っていると精神的に不安定となりやすいためトイレを促すのもよいでしょう。

ポイント

・穏やかな口調で伝える

・お茶やお菓子を食べて落ち着かせる

それでも収まらない場合は

じっくり話を聞いて対応しても不穏が落ち着かない場合の対応をご紹介します。

一度クールダウンする

認知症高齢者の話を聞いても解決しない場合、精神的に落ち着かない場合は一度クールダウンをして、距離をおきましょう。

頭が混乱して正常な判断が出来ないときに、アレコレ伝えても頭に入ってきません。

まずは、高齢者自身が落ち着いて話ができる環境を作ることと、介助者自身が適切な対応が取れるように調整します。

時間がかかってしまうかもしれませんが、急いで解決することが出来ません。

人を変えてみる

可能であれば、他の介助者と変わって対応をしてみるのも良いでしょう。

人的環境を変えることで、高齢者の意識もそれやすくなるケースもあります。

・男が苦手な方は女性が良かったりする

・権威ある人から言われる(医師など)は受け入れが良かったりする

・拒否が強い場合には、あの手のこの手で話を聞き出す。

・一人の人に頑なに拒否をしているときに、なぜ拒否しているのか理由を聞きたい時

他の人に相談する

一人で考えても難しい場合は、他のスタッフと話し合って今後の対応を考える方が良いです。

・本人が不穏になる時間帯や条件を確認する

・どんな対応なら良かったのかを情報共有する

・スタッフ間での対応を統一する

・認知症の悪化が関係しているかもしれないし、今後の治療の検討材料とする

・医師や看護師と相談し投薬治療を検討する。

まとめ

今回は認知症高齢者の不穏の対処法について解説しました。

認知症高齢者の基本にある中核症状(記憶障害・思考判断力低下)によって日常生活に支障が生じていることから精神的に不安定となりやすいです。

介護の目標を「~できるようにならないといけない」と決めつけるのではなく、「穏やかに過ごせる」というように心身機能の低下に逆らわず本人らしく過ごせる関わりのほうが

介護者もストレスを抱え込まずできるのではないでしょうか。

今回の記事が参考になれば幸いです。

-認知症